ヒーリングライフPJ

自分らしくあるために

この記事は読まないでください 言葉の罠

f:id:parallelworld-s:20200220145351j:image

見ないでください。

 

読まないでください。

 

開かないでください。

 

このような言葉を言われると見たくなるのが人間の心理。

 

この記事を見ている時点でつられている。

 

人間なんてこんなものです。

 

ダメだと言われたら気になってしまう。

 

案外普通のこと。

 

 

見るなと言われると見たくなる

f:id:parallelworld-s:20200220145630j:image

どうぞ見てください。

こちらも見てください。

 

そんな事を言われても興味がなければ見ない。

 

ですが、これは絶対見ないでと言われたら興味がなくても、見てみようかなと思うことないでしょうか?もしくは反射的に見てしまってないですか?

 

明らかに有害なリンクとかであれば警戒はするかもしれないが、この心理の効果は大きい。

 

新発売は魔法の言葉

f:id:parallelworld-s:20200220145842j:image

コンビニやスーパー、その他販売店で良く見かける『新発売』

 

これも似たような心理だと思う。

 

新発売となると興味をそそる。

それが例え原料を少し変えただけであっても。

 

正直、比較対象がなければ分からないことも多々ある。

何が変わっているのか?言われなければ分からないのに『新発売』の一言でつられてしまう。

 

新発売はマジックのようなもの。

 

値段のトリック

f:id:parallelworld-s:20200220150023j:image

知っているかとは思うが、300円の物を298円にし安く見せかける。

 

学生の頃、バイトしていた時に1円代は必ず8にする様に言われていた。(100円なら98円にする)

2円値引きするだけでそれ以上に安く感じさせるのと、計算を難しくさせるのが狙い。

 

98円なら100円で考えられるが、

238円、468円、348円と積み重なるとややこしい。

 

沢山買い物をさせようとする店側のトリック。

 

小さい文字で当社比

f:id:parallelworld-s:20200220150133j:image

カップラーメンなんかで『大盛』みたいなのありますよね。

ですが、『大盛』の基準って何?

 

小さな字で『当社比』って書いてあるのですが、結局のところ基準なんてないですよね?

 

そのメーカーでは『大盛』としていても、他メーカーより少ないかもしれない。

 

実際比べたことはないので何とも言えないが、『大盛』=『沢山』とは限らない。

 

言葉の罠

私たちは言葉をかわし興味をもってもらえるように意図的に仕組んだり、騙す訳ではないが安く見せかけたりする。

 

0円、無料、ただ、これらに隠された真の意図は何なのか?

 

それを考えられる人であればいいのだが、そうでない人もいる。

 

言葉や文字には罠が張り巡らされている。

世の中にはこのようなことが沢山あると思った。

 

 

こちらの記事もどうぞ

www.healinglife-s.com