ヒーリングライフPJ

自分らしくあるために

好きなことで生きていく事は難しい 現実は甘くない

f:id:parallelworld-s:20200115222427j:image

学生のなりたい職業にYouTuberが入るようになったのはまだ最近かと思う。

 

小学生や中学生が憧れを感じるのはまだ分からないでもないが、高校生までもがYouTuberになりたいと思っているようだ。

 

確かにトップYouTuberと呼ばれる人達は年商1億を越える人もいる、夢がある仕事と言えるだろう。

 

しかし、好きなことをして生きていける人間は極わずか。それでもYouTuberが人気なのは正直『楽に見えるから』といった理由もあるのではなかろうか?

 

  

好きなことで生きていくのは難しい

f:id:parallelworld-s:20200115222523j:image

好きな事を仕事にしたいと思うことは悪いことではない。誰でもそうだが、進んで嫌いな仕事につきたいとは言わないだろう。

 

自分の趣味を仕事にできたらそれは楽しいのかもしれない。だがそれだけでは自己満足である。誰かがその好きなことに共感し、それにお金を払ってもいいとなった場合のみ仕事として成立する。

 

結局、お金を稼ぐには自分の好きなことをやるのではなく、相手が求めることをしなくては稼げなくなる。

 

例えば…

・好きなことをする

本を読むことが好き→読んでいるだけ

・相手が求めることをする

本を読むことが好き→読んで得することを伝える

 

YouTuberも同じで、視聴者が見てくれる、見たいと思える動画を作成しなくては仕事として成立しない。自分の好きなことをしているだけの動画となる。

 

相手が好きなことをすれば仕事になる

f:id:parallelworld-s:20200115222708j:image

先程の本を読むのが好きな人の例で説明した通り、相手が求めることをするのであれば仕事になる可能性を秘めている。

 

だが、相手の求めることを探すにはそれなりの知識や勉強が必要となる。自分の持っている知識だけでは相手が満足するとは限らないからだ。

 

これはYouTuberなどに限らず他の職業でも同じ。

 

・パティシエになりたいと思えばお客の目を引くケーキを作るために創作しなけらばならない。

(お菓子好きな人などのためになる)

・パイロットになりたいのであればお客を安全に運ぶ技術を必要とする。

(旅行好きな人などのためになる)

 

仕事としてやっていく為には稼ぎは必須。好きだけでは成立しない。

 

好きなことで生きるなら

f:id:parallelworld-s:20200115222846j:image

どうしても好きなことで生きていきたいなら、まずは稼ぐことに成功してから。

それから自分のやりたかった事をするのであれば成功にも繋がりやすいし、たとえ失敗したとしても余裕があるだろう。

 

いきなり成功するのは無理

ごく稀に好きなことをして、いきなり成功してしまう人もいるかもしれない。

だが、現実はそんなに上手くはいかないだろう。運や流行などの確実性に欠ける実力も必要になる。

基本は無理だと思うのが普通。

 

急な成功は続かない

いきなり成功してしまう人もいるかもしれないと言ったが、その成功は長く続くものではないと思う。

芸人の一発屋がいい例ではないか?いきなり人気になってもその後が続かない。急激な人気の低下は十分あり得る。

 

失敗してもいい状態ならいくらでも好きなことをしても構わないが、余裕がない状態では困難であろう。

 

学校を出ていきなり『YouTuberになります』と言うのは無謀すぎないだろうか?

 

結局は誰かのために

f:id:parallelworld-s:20200115222929j:image

結局は何にしても、仕事としてやっているのであれば誰かのために働いている。

 

それがYouTuberであってもだ。

人を楽しませたり、何かの検証をして疑問を解決したり、食レポをしてみたり…

人気で稼いでいる人は誰かの役に立つといったそれなりの理由があるだろう。

自己満足の動画だけを作っている人はまずいないと思う。

 

最後に

YouTubeでもブログでもなんでも同じだが下積みは大事である。いろんな経験が成功への鍵となるのだから。

 

YouTuberに夢を描くのもいいが、現実は甘くない。学生が好きなことで生きていくには経験値がまるで足りないと思う。(学生時代からYouTubeを始めていれば別かもしれないが。)

 

『好きなことで生きていく』ではなく『嫌いではないことで生きていく』これが一番なのかもしれない。

 

 

こちらの記事もどうぞ。

 www.healinglife-s.com

www.healinglife-s.com