ヒーリングライフPJ

自分らしくあるために

タバコは悪者?わかってほしい喫煙者の願い

f:id:parallelworld-s:20191125003637j:image

(12月13日追記)

私は喫煙者である。

ここ数年で喫煙者は隅に追いやられる感じになっている。たしかにタバコは受動喫煙があり、吸わない人からしてみれば迷惑な煙。

体にも害があると思われる煙を吸い込んでしまう為、確かに良くはないだろう。

 

しかし、今タバコを吸う所が無くなりつつある。喫煙所、灰皿を設置してある所が無くなっているのだ。これはどうなのか?私はこれがマナーを守れない人を増やす原因の一つになっているのではないか?と思ってしまう。

 

喫煙所がないこと

f:id:parallelworld-s:20191125004241j:image

喫煙所がないということは、何処かで吸う所を見つけて吸うしかない。

私はヘビースモーカーではないのでまだ良いのだが、一日に多くのタバコを吸う人にとっては喫煙所は必要な場所。ないとなったら、何処かで吸うしかない。

 

この様な人がマナー違反をして、煙を巻き上げ路上で吸ってしまったり、ポイ捨てしたりする。確かにマナー違反をする人も悪いかもしれないが、タバコを吸わせない、タバコを追いやるようにしてしまう自治体などにも問題点はあるのではないでしょうか?

 

今のタバコは害が少ない

f:id:parallelworld-s:20191125004027j:image

タバコというと吸殻、灰、煙と全てが『害』と思われているかも知れません。

だが、今はタバコも進化している。それが加熱型のタバコだ。

 

私はアイコスを使用している。アイコスはタバコで一番害のある副流煙がでない。火を使わないので安全性も良いのだ。そして、灰も出ない。吸殻は残るがそれだけ。

 

 

JTからはプルームテックも出ている。プルームテックは種類があるので全機種ではないが、低温加熱式の物であれば吸殻すら出ない。しかも煙はほとんど臭いもなく、有害物質は99%以上出ないのだ。(有害物質1%未満)

 

 

電子タバコは無害

タバコでも無害な物がある。それが電子タバコだ。アイコスなどはタバコ成分を含んでいる。

だが、電子タバコはニコチン、タールを含まない。

 

これはもう、口から水蒸気を出しているのと変わらない。煙=害ではなくなっているのだ。

見た目もタバコとは思えない見た目。

この電子タバコは『香りを楽しむ』『フレーバーを楽しむ』タバコ。

もちろん、灰や吸殻もでない。

 

3つのタバコ分類

1、紙巻タバコ

昔からあるライターなどで着火し吸うタイプ。

2、加熱式タバコ

専用機でタバコを加熱し吸うタイプ。

3、電子タバコ

そのまま吸うだけのタバコ成分がないタイプ。

 

これを全部同じにされてしまったら加熱式タバコや電子タバコの喫煙者も嫌だと思う。一番の問題は紙巻きタバコなのだ。

 

私が加熱式タバコに変えてから半年くらいになるが、もう紙巻タバコは吸えなくなった。

臭いがキツイし、灰は気も気になる。私からしたら別物なのだ。

 

タバコのメリット

タバコは体に害がある。

確かにそうだ。

ただ、それでも吸うのには理由がある。

・リラックスする

・息抜き、一服

・気持ちの切り替え

私の場合はこんな感じ。タバコを吸うことで気持ちの切り替えをしたりしている。

 

非喫煙者にはわかって貰えない事があるかも知れません。でも、確かにリラックス効果はあるのです。

 

最後に非喫煙者へ

肩身が狭いタバコですが、私は上手く付き合っていこうと思っています。

禁煙したこともありますが、逆にお菓子の量が増えて体に悪かった、なんて事もおきました。

結局、タバコを我慢することがストレスになってしまってはダメなのです。

 

 

周りにいる人でタバコをやめて欲しい、と感じるのなら真剣に向き合うことが大事です。強制する禁煙は精神的にはキツイもの。体を大事にすることも必要ですが、精神面にも配慮をお願いしたいと思います。

 

 

追記

タバコを吸う喫煙者の方はなるべく非喫煙者に煙がいかないように注意をお願いしたいです。

アイコスに変えてから分かったのですが、紙巻きタバコは衣類に臭いが付いてしまいます。非喫煙者の方にとっては気になる臭いですので、これ以上タバコが嫌われないように気をつけてほしいと思います。

 

~今日の一言+α~

土曜日、日曜日はなかなかブログに手がつけれない。すいません。この記事は日曜の夜書きました。固定ページ(プライバシーポリシー)も作りかけて終わってます。(12月13日現在作成済み)

これから、少し記事の内容を濃くしていくので更新が遅れ事もあるかもしれませんが、引き続き購読を宜しくお願いします。

 

 こちらもどうぞ

(ここから記事のクオリティを上げている。つもり…)

www.healinglife-s.com