ヒーリングライフPJ

自分らしくあるために

色彩心理 心に響く色の効果 part1

f:id:parallelworld-s:20191008033651j:image

あなたの好きな色は何色でしょうか?

『自分の色はこれだ』という色を1つあげてみてください。

 

日常に溢れる色は様々な効果、印象を与えます。色で気持ちも変えられるのです。

 

 

赤色(エネルギー色)

f:id:parallelworld-s:20191008034530j:image

赤は力強い色でエネルギーを感じさせるます。

情熱、活力、興奮など攻めのイメージ。

ダルい、力がでない、など、やる気が起きないときに赤を取り入れてください。

スポーツなどにも効果的です。

 

青色(ヒーリング色)

f:id:parallelworld-s:20191008034546j:image

青は気持ちを落ち着かせる抑制色。

集中力を高めたい時に効果的な色です。

作業的な仕事をする時には青を取り入れてください。

 

緑色(バランス色)

f:id:parallelworld-s:20191008035126j:image

緑は暖色でもなく寒色でもない色。バランスの取れた色でリラックス効果があります。

中間色のため、与える刺激が少なく安らげる色です。

怒りを治めたい時に取り入れてください。

 

黄色(アピール色)

f:id:parallelworld-s:20191008034607j:image

黄色は知性を高めて頭の回転を良くする効果を得られます。

それとは別に危険を表す色でもあり、とにかく目立ちたい時に黄色を取り入れてください。

 

白色(反射色)

f:id:parallelworld-s:20191008035144j:image

白色は全てを反射する色。ネガティブな気持ちを跳ね返す力があります。

気持ちを切り替えたい時や、やり直したい時に取り入れてください。

 

黒色(吸収色)

f:id:parallelworld-s:20191008035156j:image

黒色は全てを吸収する色。塗り替えられない黒は色の中でも重量感があります。

主役の色を引き立たせ、他の色をより強い色に見せることができます。

他の色と組み合わせて使ってみてください。

 

 

色は人の性格などに似ていると思っています。

私は黒が好きですが、今はグレーなのかも知れません。人間関係も何色にも染まらない、どの色とも上手く付き合える黒に憧れます。

 

(PR)

 

 

あなたの好きな色はありましたか?

part2では紫、橙、灰、茶などの効果を書きます。