ヒーリングライフPJ

自分らしくあるために

自分でしか出来ない事

前の記事で書いた私の精神病になったおおよその経緯からお話しします。


私は普通のサラリーマンでした。
ある時を境に会社でのパワハラ、家庭のトラブルで眠れなくなり、地元の心療内科へ通いました。
その時、不眠症と診断されました。

確かに眠れないのが辛いとは思っていましたが、それだけではなく憂鬱感や人に対する嫌悪感などもありました。
それも心療内科に行った際に話してます。

睡眠導入剤で眠る事はでき、心身の状態は多少良くなりました。
ですが、心の靄は消えないまま…
転職をして気持ちを切り替えましたが、1年半くらい経った時ある家庭のトラブルにより再発。
人に対する嫌悪感や恐怖に似た感情が強くなり人に接する事が困難になりました。
心療内科に行くも結局先生は人。
心の内を話せない状態だった為に診断もハッキリとしたものを出してもらえずにいました。

そんな不安定な状態で6か月が経過しました。
生活費もなく限界を迎え、寮のある仕事場に周りの人の力を少し借りて引っ越しした。
そこからは自分との闘いでした。

f:id:parallelworld-s:20190923042623j:plain

ここで私は精神科、心療内科というところはあくまで医療なのだと実感しました。
本当に今自分の抱えている悩み、心の感じている事というのは言葉にはしにくい。
言葉にならない事は伝わらない。
心の痛い所が分かるのは自分だけなのです。
では、どうやって回復させるのか?
それは人それぞれ違ってくるかもしれません。
ですが、私はこの状況になって気づいたことが何点かあります。


1.人の心は人の協力無しには治せない
これは矛盾しているように感じると思います。
ここで言う人の協力とは誰かわかりません。
自分の人生においてキーになる人物を探してください。探せるのは自分だけです。
その人は必ず回復の方向へ向かわせてくれます。

2.過去は消せない、背負うもの
いくら過去にもがいても何も変わらない。消せない。忘れられない。
時には吹っ切れてしまうこともありかもしれません。
過去は背負って前へ進むしかない。

3.今を変えるには多少の変化ではなく、劇的な変化が必要
通院する、休職するなどその場で何とかする事は一時的には効果があります。
でも、1年後、2年後再発しないまでに回復できる自信があるでしょうか?
本気で治すには大きな変化が必要だと思います。
この変化も人によっては違うとは思いますが、転職や転居など生活が変わるレベルの事は必要ではないかと考えます。

4.未来だけは変えられる
前に書いた通り過去は修正不能ですが、未来はいくらでも変えることができます。
それを変えるのは自分の行動次第。
自分が動かなければ変わらない事を意識するのが大切だと思います。


上記4点は簡単ではない。
簡単ではないが自分自身でしかできない。